日本語 English
ロボットの開発設計はアサイ・エンジニアリングへ!
株式会社アサイ・エンジニアリング

「テクニカルショウヨコハマ2017」ご来場ありがとうございました!


2月1日~3日までの3日間、神奈川県最大の工業見本市であるテクニカルショウヨコハマが開催されました。当社は昨年もこのイベントに出展しておりますので、今年で2回目の参加でした。

当社ブースは「ロボットを作って動かす!実践ゼミ 中級編」で制作したオリジナル・ロボットを並べて参加。これはゼミ主催者であるIDEC(公益財団法人 横浜企業経営支援財団)の研究会発表という位置付けでの展示です。


「ロボットを作って動かす!実践ゼミ 中級編」では、二足歩行ロボットの下半身部を制作。当社オリジナルの設計を元にロボットの基本原理を学び、自分達で3Dプリンターを活用して部品を作り、プログラミングして歩かせるという4回シリーズの取り組みでした。
ゼミ最終日、12体すべてのロボットが歩行し成功裡に終了。ロボットは各社の希望を反映させて制作したため、とてもカラフルで愛着の湧く出来上がりになりました。

テクニカルショウ会場では、このゼミで制作した12体のうち8体をお借りして展示したのですが、「売ってもらえますか?」とご購入希望が複数寄せられる思いがけない展開や、新たなセミナー依頼等もいただくなど、次につながる素晴らしい出会いが沢山ありました。
なお、ショウでは自社ブースで接客できる時間をあまり作れなかったため、せっかくお越し下さったのにお会いできなかった方もおられたとのこと。この場を借りて、お詫び申し上げます。

ショウ最終日の2月3日には会場内のセミナー会場にて、当社社長の浅井伸一が講演を行わせていただきました。(演題「手軽にオリジナル・ロボットを作れる時代がやってきた」)

この講演では、「ロボットを作って動かす!実践ゼミ」初級編・中級編の内容をお伝えしながら、実際にゼミで製作したロボットの実演もご覧いただきました。3Dプリンターでゼミの教材を製作した際の苦労談なども披露し、臨場感のある内容になったと思います。

観客席はあっという間に満員となり、会場の後ろや脇に立ち見の方も大勢いらしたようで、「オリジナル・ロボット」や「3Dプリンター」というキーワードに対する注目度の高さを実感いたしました。
また質疑応答では、興味深いご質問を多数いただきました。
当社はこれらの経験を踏まえ「ロボットを作って動かす!実践ゼミ 上級編」のプランを練っていこうと考えています。どうぞ、ご期待ください。

最後になりましたが、当社ブースにお越しいただきました皆様と、出展する機会をいだだきましたIDECの皆様、そしてロボットの展示にご協力下さいましたゼミ受講企業の皆様にお礼を申し上げたいと思います。
どうもありがとうございました。